PHOTO GALLERY 解説ページ

絶滅危惧種

 種別のページではトンボ名の右横に、国「環境省」と首都圏 4都県「埼玉県・東京都本土部・千葉県・神奈川県」の絶滅危惧種指定状況を
表記しています。赤色の略号はレッドデータブック(略記RDB)上での絶滅危険度を示すカテゴリー(ランク)で、評価基準につきましては
以下をご参照ください。また、千葉県は X、A、B、C、D の独自の基準で評価している為、当サイトでは環境省の最も近いカテゴリーに置き換えていますが、どうしても微妙なズレが生じて大まかな一致になってしまう点はご了承願います。
EX 絶滅 我が国(地方レベルは都道府県内)ではすでに絶滅したと考えられる種
EW 野生絶滅 飼育・栽培下、あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ存続している種
CR + EN 絶滅危惧Ⅰ類 絶滅の危機に瀕している種
CR 絶滅危惧ⅠA類 ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの
EN 絶滅危惧ⅠB類 ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの
VU 絶滅危惧Ⅱ類 絶滅の危険が増大している種
NT 準絶滅危惧 現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては絶滅危惧に移行する可能性のある種
DD 情報不足 評価するだけの情報が不足している種

観察メモ欄



 種別のページの最初の画像下にある観察メモ欄は、生態や形態などに関する説明と園内での観察記録です。学術的な部分は文一総合出版の
ネイチャーガイド「日本のトンボ」(尾園暁・川島逸郎・二橋亮氏著)を参考にさせて頂きました。

和名: 日本での正式名称
由来: 和名の由来
学名: 世界共通の名称
分類: 目・科・属
全長: ♂♀別の頭部から腹端までのサイズ ・・・ 同類、同科、同属内で比較した大きさの目安

環境: 好適な生息環境
発生: 羽化のサイクル(何年に何回羽化)、卵及び幼虫期間の長さ、越冬態
形態: ♂♀の形態的特徴

*** 森林公園内での観察状況 *** 

記録: 現在の観察状況 ・・・ 初認日 / 終認日 / 観察日数(臨時休園の影響あり)

生息: 園内外の羽化エリア、稀な飛来種の区分、個体数の増減など近況、稀な飛来種は観察歴など
羽化: 園内産は羽化の時期と場所(一部非公表)、園外産はおおよその推測
観察: 観察時期と場所(一部非公表)
生態: 園内での生態、園外羽化種は生殖行動の観察歴など
追記: 生態などに関する補足があれば記載

特記: 雅の広場の池での年末水抜き清掃の影響について ・・・ アオイトトンボのページに記載
    水生植物の池での2018年アメリカザリガニによる被害の影響について ・・・ キイトトンボのページに記載

*** アップロード 3画像 *** 凡例 ・・・ 左から性別、形態、撮影年月日、撮影場所

① ♂ 成熟 2021年08月21日 日本庭園の池
② ♀ 成熟 2021年08月20日 雅の広場の池
③ ♂♀ 交尾態 2021年08月19日 水生植物の池

画像について

 園内産であれば可能な限り羽化から成熟して生殖行動に至るまでの生活史に沿った生態写真を目標に撮影を続けていますが、入退園時間や
立ち入れる場所に制約がある公共緑地ではなかなか思うように行かないのが現実です。長引くコロナ禍の中、一旦立ち止まって今までに撮り
溜めた画像の総点検を思い付き、余計なパンドラの箱を開けてしまった結果、ダメ出し画像が相当数見つかって、撮影機会の頻度が高そうな
ものから順次削除する運びとなりました。最近画像掲載数がかなり減ったとお気づきの方は何卒ご容赦願います。また、削除で空いた大穴は
焦らず丁寧に埋めて行こうと考えています。尚、下手な写真にも一応は著作権がありますので、画像の複製、無断転載等はご遠慮ください。