マルタンヤンマ

RDB  環境省:―    埼玉県:NT   東京都:―    千葉県:VU   神奈川県:

* 羽化殻 ・・・ かなり以前に産卵の目撃例があったと言われる水域で3例目の羽化殻を観察するに至った。

2022年6月16日 非公表 



和名: マルタンヤンマ
由来: フランスの昆虫学者 Rene Martin 氏の献名によるもの
学名: Anaciaeschna martini
分類: 不均翅亜目・ヤンマ科・トビイロヤンマ属
全長: ♂ 65~81mm・♀ 72~84mm ・・・ ヤンマ科内では中型種

環境: 周囲に樹林のある抽水植物が繁茂する池沼、湿地など
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 2~3週間・幼虫期間 8ヶ月~1年程度.幼虫で越冬する
形態: ♂♀共に全身濃褐色地で複眼と胸部、腹部の斑紋が成熟 ♂はコバルトブルー、♀は黄緑色

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間中です ・・・ 6月1日初認(羽化殻) / 月日終認 / 観察日数 日

区分: 園内羽化種 ・・・ 2015年以降の観察歴はいずれも6月に羽化殻のみ3例しかない
羽化: 6月中旬~ / 水生植物の池で2例(いずれも単独)、他所で1例(10個体前後)
観察: データ不足
生態: 園内で細々と命を繋いでいると思えるが、黄昏飛翔性の強さから開園時間内の個体数を含めた生息の実態把握は難しい

*** アップロード 2画像 ***

① 羽化殻 2022年06月16日 非公表
② 羽化殻 2022年06月16日 非公表

* 羽化殻 ・・・ 3例目の発見当日に目視でざっと数えて見た結果、10個体前後の羽化殻を確認出来た。

2022年6月16日 非公表