PROFILE    プロフィール

* 森田幸人(もりたゆきと)  ※ メッセージはご面倒でも FB にてお願い致します
* 1954年生まれ.東京都北区出身.2016年3月より埼玉県熊谷市(旧大里郡江南町)在住
* 埼玉昆虫談話会会員.日本野鳥の会 東京支部会員

*** 国営武蔵丘陵森林公園について***

 埼玉県比企郡滑川町と熊谷市にまたがる面積304haの広大な緑地で、「指標昆虫」とされるハルゼミやオオムラサキ、東京近郊での減少が
著しいクツワムシなどが生息しています。トンボの主な羽化環境はため池と周辺の湿地に代表される止水域ですが、管理放棄された暗い森に
囲まれて陽光が届き難い場所も多く、比較的多様な種が見られるのは人間が定期的に管理している 2つの人工池を含めたごく一部に限られる
のが現状です。2018年頃からは園外羽化を含む複数種に原因不明の激減が起き始め、過去にMax 45種あった年間観察種数も 2019年以降は
40種を下回る推移が続いていて、背景には外来動植物の台頭による環境変化やネオニコ系農薬、異常気象など様々な要因がありそうです。

*** フィールドワークの近況など ***

活動履歴:2013年3月 ・・・ 園内生息調査を開始、当初2年間の観察記録はチョウを対象とし、トンボは撮影するのみだった     
     2015年3月 ・・・ 当サイトを開設、71種の確認を以てチョウの観察記録を休止し、対象をトンボに切り替える
     2015年4月 ・・・ 森林公園が「埼玉県RDB」の調査フィールドになり、私的協力としてトンボの観察資料を継続提供する       
     2021年7月 ・・・ 公園が主催するトンボ観察関連のイベントに際し、ガイドや写真提供などでの協力機会を得る
          
観察種数:園内確認 50種 ・・・ 羽化殻のみを含む全種画像あり(PHOTO GALLERY参照)
     目撃のみ 3種 ・・・ 画像なし未同定(ホンサナエ、タカネトンボ、コヤマトンボと思われる)    

生息状況:園内羽化 27種 ・・・ 内18種がほぼ安定、4種が激減して危機的状況にあり、5種は状況把握が難しい
     過去羽化 4種 ・・・ 内1種は元々園外中心の羽化、3種が園内個体群消失の可能性(1種のみ園外からごく少数の飛来あり)
     園外羽化 9種 ・・・ 水田、小川、用水路など比較的近隣水域で羽化し、日常的に園内外を行き来している種
     稀な飛来 10種 ・・・ 流水、止水域を問わず園内環境とは異なる場所から散発的に飛来する種
          
撮影機材:2021年~ ・・・ Sony α6600、α6400.FE 100-400mm/F4.5-5.6 GM OSS、24-105mm F4 G OSS
     ~2020年 ・・・ Nikon D7200.AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
     ~2016年 ・・・ Nikon 1V3.1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
     RAW 現像ツール ・・・ Adobe Lightroom Classic