カトリヤンマ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:EN   千葉県:EN   神奈川県:NT

* 半成熟 ♂ ・・・ 複眼、胸部にまだ褐色味が残る成熟手前の個体、日中は低木の暗がりにじっと静止している。

2022年07月23日 南口広場水路



和名: カトリヤンマ
由来: かとり(蚊捕)は林縁を縫うように摂食飛翔する本種の行動に因んだもの
学名: Gynacantha japonica
分類: 不均翅亜目・ヤンマ科・カトリヤンマ属
全長: ♂ 66~76mm・♀ 67~77mm ・・・ ヤンマ科内では中型種

環境: 周囲に樹林のある池沼、水田など
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 3~8ヶ月・幼虫期間 2~5ヶ月程度.卵で越冬する
形態: ♂♀共に成熟個体は複眼、胸部が緑色.黒褐色地の腹部第2、3節に♂は青色斑、♀は緑色斑.上付属器(尾毛)が非常に長い

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間中です ・・・ 7月23日初認 / 月日終認 / 観察日数 日

区分: 園内羽化種 ・・・ 2018年に主要観察場所で激減が起き、以降は散発的な観察機会しか得られていない
羽化: 8月上旬~ / ため池の周辺湿地や雨水路など
観察: 8月上旬~10月中旬 / ふれあい広場、あざみくぼ沼周辺など
生態: 秋には日中も見かけるが、黄昏飛翔性の強さから開園時間内の個体数を含めた生息の実態把握は難しい

*** アップロード 2画像 ***

① 半成熟 ♂ 2022年07月23日 南口広場水路
② 成熟 ♂ 2017年09月26日 北口自然探勝路

* 成熟 ♂ ・・・ ♀の産卵場所周辺で夕刻前から見られた複数の♂の占有飛翔は、以前は秋の日常的な光景だった。

2017年9月26日 北口自然探勝路