ホソミイトトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:EN   神奈川県:DD

* 羽化後 ♀ 夏型 ・・・ 長年羽化を確認出来ていない本丸の雅の広場の池とは別の水域に突如現れた。

2022年6月22日 水生植物の池



和名: ホソミイトトンボ
由来: 非常に細身な体型に因んだもの
学名: Aciagrion migratum
分類: 均翅亜目・イトトンボ科・ホソミイトトンボ属
全長: ♂ 30~38mm・♀ 31~38mm ・・・ イトトンボ類全般の中では中型種

環境: 透明度の高い池沼、湿田
発生: 1年2化(第1化が夏型、第2化が越冬型)・・・ 卵期間 1~3週間・幼虫期間 1~2ヶ月程度.成虫で越冬する
形態: ♂♀同色で腹部が非常に細い.夏型は緑色味が強く、越冬型は秋・淡青色 ~ 冬・淡褐色 ~ 春・青色の順に体色が変化する

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 前年羽化世代・越冬型の観察期間終了です ・・・ 2022年は4月11日初認 / 6月18日終認 / 観察日数 36日
    当年羽化世代・夏型~越冬型への移行時期です ・・・ 6月22日夏型初認 / 月日終認 / 観察日数 日

区分: 園内羽化種 ・・・ 個体数は多からず少なからずで、生殖活動期、越冬期共に観察機会がある
羽化: 6月下旬~夏型、8月下旬~越冬型 / 2022年6月に羽化後の夏型1♀を初確認した
観察: 4月中旬~12月中旬(周年) / 生殖活動期は雅の広場の池など、越冬期は花木園(桜)の林縁など
生態: 観察機会は2018年まで春の生殖活動期のみ、2019年10月に越冬期の個体を初確認し、2022年6月には夏型の羽化を初確認
追記: 生活史が全く異なる夏型、越冬型の2型が発生するメカニズムはまだ解明されていないと言う

*** アップロード 3画像 ***

① 羽化後 ♀ 夏型 2022年06月22日 水生植物の池
② 未成熟 ♀ 越冬型 2021年10月30日 花木園(桜)
③ 成熟 ♂ 越冬型 2022年05月23日 雅の広場の池
④ 交尾態 ♂♀ 越冬型 2019年05月23日 日本庭園の池

* 未成熟 ♀ 越冬型 ・・・ 越冬モードの淡褐色に衣替えするタイミングは個体によってかなりバラつきがある。

2021年10月30日 花木園(桜)

* 成熟 ♂ 越冬型 ・・・ 越冬明けの春に迎える生殖活動期には雌雄共により鮮やかな青色に変身する。

2022年5月23日 雅の広場の池

* 交尾態 ♂♀ 越冬型 ・・・ 晴天日の午前中に抽水植物や水際の草に静止している姿がよく見られる。

2019年5月23日 日本庭園の池