ホソミオツネントンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:EN   千葉県:―    神奈川県:

* ♂ 未成熟 ・・・ 越冬時の体色は捕食者に見つかり難く、厳冬期には腹部を曲げて枝に擬態する。

2020年11月16日 花木園(桜)



和名: ホソミオツネントンボ
由来: 細身のオツネントンボを意味する
学名: Indolestes peregrinus
分類: 均翅亜目・アオイトトンボ科・ホソミオツネントンボ属
全長: ♂ 35~42mm・♀ 33~41mm ・・・ イトトンボ類全般の中では中型種

環境: 抽水植物が繁茂する池沼、湿地、水田など
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 2~3週間・幼虫期間 1.5~3ヶ月程度.成虫で越冬する
形態: ♂♀同色.越冬明けの春には成熟に伴って体色が淡褐色から青色に変化し、♀ のみ青色味に個体差が出る

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 現在は越冬期の観察時期待ちです ・・・ 5月6日初認 / 終認 / 観察日数(臨時休園の影響あり)

生息: 園外羽化種 ・・・ 飛来数は生殖活動期、越冬期共にごく少数のみ
羽化: 公園周辺の池沼など
観察: 4月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬 / 春は雅の広場の池、秋は花木園(桜)の林縁など
生態: 2016年4月18日~26日にかけて雅の広場の池で交尾態や産卵行動を複数例観察している

*** アップロード 3画像 ***

① ♂ 未成熟 2020年11月16日 花木園(桜)
② ♀ 未成熟 2019年10月30日 栗谷沼
③ ♂♀ 連結産卵 2016年04月18日 雅の広場の池

* ♀ 未成熟 ・・・例年10月中旬過ぎから特定の林縁で越冬期の個体が見られ、季節の進行に伴って姿を消す。

2019年10月30日 栗谷沼

* ♂♀ 連結産卵 ・・・ 産卵行動は複数例観察しているが、残念ながら羽化には至っていない。

2016年4月18日 雅の広場の池