アオイトトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:VU   千葉県:VU   神奈川県:

* ♀ 羽化 ・・・ 羽化は基本的に夜間から早朝が多く、開園時間後にまだ羽化殻に留まっている個体は珍しい。

2018年5月21日 雅の広場の池



和名: アオイトトンボ
由来: 金緑色の体色に因んだもの
学名: Lestes sponsa
分類: 均翅亜目・アオイトトンボ科・アオイトトンボ属
全長: ♂ 34~48mm・♀ 35~48mm ・・・ イトトンボ類全般の中では大型種

環境: 抽水植物が繁茂する池沼、湿地
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 6~8ヶ月・幼虫期間 2~4ヶ月程度.卵で越冬する
形態: ♂ は複眼が青色、♀ は灰褐色か青色.♂ は胸部と腹部第9、10節に白粉を生じ、複眼が青色の ♀ も胸部に白粉を吹く

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間前です ・・・ 昨年は9月10日初認 / 10月23日終認 / 観察日数20日(臨時休園の影響あり)

生息: 園内羽化種 ・・・ 2019年に個体数が激減、現在はごく少数が命を繋ぐ危機的な状況にある
羽化: 5月中旬~ / 雅の広場の池のみ
観察: 5月中旬~下旬、9月上旬~10月下旬 / 雅の広場の池
生態: 羽化後は暗い林内で越夏し、9月上旬頃に水辺に戻って生殖活動が始まる

特記: 雅の広場の池での年末水抜き清掃の影響
    アオイトトンボ、アキアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ ・・・ 卵越冬種で影響は限定的
    ギンヤンマ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ ・・・ 幼虫救出対象種
    クロイトトンボ、アジアイトトンボ ・・・ 幼虫救出非対象種

*** アップロード 7画像 ***

① ♀ 羽化 2018年05月21日 雅の広場の池
② ♂ 羽化後 2019年05月28日 雅の広場の池
③ ♂ 成熟 2018年07月11日 旧ハンゲショウ池
④ ♀ 成熟 2018年08月10日 旧ハンゲショウ池
⑤ ♀ 成熟 青色型 2021年09月19日 雅の広場の池
⑥ ♂♀ 交尾態 2018年09月22日 雅の広場の池
⑦ ♂♀ 連結産卵 2018年09月22日 雅の広場の池

* ♂ 羽化後 ・・・ 羽化後の体色は部分的に濃い緑色が目立ち、全体が淡いオオアオイトトンボとは対照的である。

2019年5月28日 雅の広場の池

* ♂ 成熟 ・・・ 既に成熟している越夏中の個体、トレードマークの青色の複眼と腹端に生じた白粉が目立つ。

2018年7月11日 旧ハンゲショウ池

* ♀ 成熟 ・・・ 複眼が灰褐色の個体が基本形になり、このタイプの胸部に白粉が生じることはない。

2018年8月10日 旧ハンゲショウ池

* ♀ 成熟 青色型 ・・・ ♂ のような青色の複眼と胸部に生じる白粉が特徴、特に珍しくはなく普通に混在する。

2021年9月19日 雅の広場の池

* ♂♀ 交尾態 ・・・ 交尾は晴天日の午前中を中心に見られ、比較的短時間で産卵行動に移って行く。

2018年9月22日 雅の広場の池

* ♂♀ 連結産卵 ・・・ 現在は産卵シーンを目にすること自体稀になったが、以前はこんな光景が日常的に見られた。

2018年9月22日 雅の広場の池