オオアオイトトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:―    神奈川県:

* ♂ 羽化 ・・・ 羽化期はアオイトトンボより若干遅く、梅雨入りの頃をピークに7月まで続く。

2017年6月2日 日本庭園の池



和名: オオアオイトトンボ
由来: 大きなアオイトトンボを意味する
学名: Lestes temporalis
分類: 均翅亜目・アオイトトンボ科・アオイトトンボ属
全長: ♂ 40~55mm・♀ 40~50mm ・・・ イトトンボ類全般の中では大型種

環境: 周囲に樹林のある池沼、湿地
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 4~7ヶ月・幼虫期間 2~3ヶ月程度.卵で越冬する
形態: ♂♀同色.複眼は ♂ が青緑色、♀ は緑色が主流だが、逆の個体もいる.♂ は腹部第10節に白粉を生じる

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 現在観察期間中です ・・・ 6月21日初認 / 終認 / 観察日数(臨時休園の影響あり)

生息: 園内羽化種 ・・・ 個体数は安定している
羽化: 5月下旬~ / ため池や旧ハンゲショウ池などで多数
観察: 5月下旬~6月下旬、9月下旬~12月中旬 / 日本庭園の池、旧ハンゲショウ池、栗谷沼など
生態: 羽化後は暗い林内で越夏し、9月下旬頃に水辺周辺に戻って初冬まで生殖活動が続く
追記: 午後から夜間にかけて水際の樹木の生枝に産卵し、何故か特定の1本に多数が集まる傾向が見られる

*** アップロード 11画像 ***

① ♂ 羽化 2020年06月02日 日本庭園の池
② ♀ 羽化後 2019年05月28日 日本庭園の池
③ ♂ 未成熟 2020年07月05日 旧ハンゲショウ池
④ ♀ 未成熟 2020年07月02日 旧ハンゲショウ池
⑤ ♂ 成熟 2018年10月28日 栗谷沼周辺林縁
⑥ ♂ 成熟 複眼緑色型 2018年10月24日 栗谷沼
⑦ ♀ 成熟 2017年11月07日 花木園(桜)
⑧ ♀ 成熟 複眼青緑色型 2019年10月21日 栗谷沼
⑨ ♂♀ 連結態 2020年10月21日 野外炊飯広場
⑩ ♂♀ 交尾態 2019年10月26日 雅の広場の池
⑪ ♂♀ 連結産卵 2017年11月01日 雅の広場の池

* ♀ 羽化後 ・・・ 羽化後の体色は淡いカーキ色で、アオイトトンボのように部分的に濃い緑色が出ることはない。

2019年5月28日 日本庭園の池

* ♂ 未成熟 ・・・ 未成熟時の複眼の茶色はアオイトトンボと共通であり、♂ の腹端にはまだ白粉を生じていない。

2020年7月5日 旧ハンゲショウ池

* ♀ 未成熟 ・・・ 羽化水域周辺の草地で見られるが、気温の上昇に伴って林内の暗い草藪の中へ潜り込んでしまう。

2020年7月2日 旧ハンゲショウ池

* ♂ 成熟 ・・・ 日中の気温が下がる10月以降になると、ようやく明るい場所に出て縄張りの占有が始まる。

2018年10月28日 栗谷沼

* ♂ 成熟 複眼緑色型 ・・・ 複眼の色は個体変異の範疇であり、アオイトトンボ ♀ に見られるような多型ではない。

2018年10月24日 栗谷沼

* ♀ 成熟 ・・・ 体型はアオイトトンボとほとんど差がなく、識別は複眼の色がポイントになる。

2017年11月7日 花木園(桜)

* ♀ 成熟 複眼青緑色型 ・・・ 暗い曇天で ♂ のお迎えはなく、産卵木周辺で盛んに摂食していた。

2019年10月21日 栗谷沼

* ♂♀ 連結態 ・・・ これから産卵木に向かうスケジュールか?何となくまだ交尾前と見受けられるカップル。

2020年10月21日 野外炊飯広場

* ♂♀ 交尾態 ・・・ 午後になると産卵木周辺に連結態が続々と飛来し、下草などで交尾態となる。

2019年10月26日 雅の広場の池

* ♂♀ 連結産卵 ・・・ 晴天日の午後から夜間を中心に、水際近くの特定の樹木に集まって生枝に産卵する。

2017年11月1日 雅の広場の池