コサナエ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:CR   千葉県:CR   神奈川県:EN

* ♂ 羽化後 ・・・ 身体はほぼ乾いていたが、日差しがかなり強かった為に一度開いた翅を再び閉じてしまった。

2019年4月23日 環境保全エリア



和名: コサナエ
由来: 小さなサナエトンボを意味する
学名: Trigomphus melampus
分類: 不均翅亜目・サナエトンボ科・コサナエ属
全長: ♂ 40~47mm・♀ 41~47mm ・・・ サナエトンボ科内では小型種

環境: 周囲に樹林のある池沼、湿地
発生: 2~3年1化 ・・・ 卵期間 2~3週間・幼虫期間 2~3年程度.幼虫で越冬する
形態: ♂♀同色.複眼は緑色.胸部側面の黒条は1本.黒色地の腹部に黄色の条斑

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 2021年の観察期間は終了しました ・・・ 4月9日初認 / 5月14日終認 / 観察日数23日(臨時休園の影響あり)

生息: 園内羽化種 ・・・ 年々個体数が減少し、多産と呼べるエリアは既になくなった
羽化: 4月中旬~ / 西田沼など一部のため池
観察: 4月中旬~6月中旬 / 日本庭園の池、ふれあい広場とんぼ池など
生態: 羽化は独特で水辺の泥底からキノコが生えるように脱出する

*** アップロード 6画像 ***

① ♂ 羽化後 2019年04月23日 環境保全エリア
② ♂ 未成熟 2019年05月01日 環境保全エリア
③ ♀ 未成熟 2021年04月09日 水生植物の池
④ ♂ 成熟 2019年06月06日 日本庭園
⑤ ♀ 成熟 2019年05月09日 環境保全エリア
⑥ ♂♀ 交尾態 2019年05月05日 環境保全エリア

* ♂ 未成熟 ・・・ フキの葉やタンポポの花によく静止してくれるのもこの時期ならではのことだ。

2019年5月1日 環境保全エリア

* ♀ 未成熟 ・・・ 例年より10日前後も早く現れて驚いたが、どの水域で羽化したのかが気になるところだ。

2021年04月09日 水生植物の池周辺

* ♂ 成熟 ・・・ 気温が35℃近くなった梅雨入り前の日に水際の狭苦しい場所で縄張りを占有していた。

2019年6月6日 日本庭園

* ♀ 成熟 ・・・ ♂ の誘いを待っているのか?今日は産卵の予定がないのか?草地でのんびりしていた。

2019年5月9日 環境保全エリア

* ♂♀ 交尾態 ・・・ 成熟時期と重なる5月の連休後半頃から晴天日の午前中に目にする機会が増えて来る。

2019年5月5日 環境保全エリア