オオヤマトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:―    神奈川県:

* 成熟 ♂ ・・・ 水面を飛翔する姿はよく目にするが、木陰に静止している個体に遭遇する機会は少ない。

2014年8月5日 分山上沼



和名: オオヤマトンボ
由来: 大きなヤマトンボを意味する
学名: Epophthalmia elegans
分類: 不均翅亜目・ヤマトンボ科・オオヤマトンボ属
全長: ♂ 78~88mm・♀ 79~92mm ・・・ ヤマトンボ科内では最大種

環境: 水面の開けた池沼、湖
発生: 2~3年1化 ・・・ 卵期間 1~2週間・幼虫期間 2~3年程度.幼虫で越冬する
形態: ♂♀同色.成熟個体は複眼が緑色.胸部は金属光沢のある青緑色.黒地の腹部に黄色の条斑

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間中です ・・・ 6月1日初認 / 月日終認 / 観察日数 日

区分: 園内羽化種 ・・・ 個体数はあまり多くなく、観察場所も一部の水域に偏る傾向がある
羽化: 5月下旬~ / 山田大沼など
観察: 5月下旬~9月下旬 / 山田大沼、あざみくぼ沼など
生態: 開水面の明るいため池を好み、♂は岸辺に沿って水面上をパトロールする

*** アップロード 1画像 ***

① 成熟 ♂ 2014年08月05日 分山上沼