コノシメトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:NT   神奈川県:

* 未成熟 ♀ ・・・ 若い頃はアカネ属の中でも特に日陰の暗所を好み、明るい場所にはほとんど出て来ない。

2020年6月29日 野外炊飯広場



和名: コノシメトンボ
由来: 小型のノシメトンボを意味する
学名: Sympetrum baccha
分類: 不均翅亜目・トンボ科・アカネ属
全長: ♂ 38~48mm・♀ 36~46mm ・・・ アカネ属内ではやや大型種

環境: 開放的な池沼、水田、プールなど
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 6ヶ月・幼虫期間 3~5ヶ月程度.卵で越冬する
形態: 翅の先端に褐色斑.成熟 ♂は全身が鮮やかに赤化する.♀の腹部は淡褐色で腹部背面が赤化する個体もいる. ♀にのみ眉状斑がある

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間中です ・・・ 7月8日初認 / 月日終認 / 観察日数 日

区分: 園内羽化種 ・・・ 2017年頃から個体数が増加し始め、観察機会はアカネ属の中で最も安定している
羽化: 6月中旬~ / 雅の広場の池
観察: 6月中旬~12月上旬 / 雅の広場の池、日本庭園の池など
生態: 羽化後は暗い林縁で越夏し、9月中旬頃に水辺に戻って生殖活動が始まる

*** アップロード 5画像 ***

① 未成熟 ♀ 2020年06月29日 野外炊飯広場
② 成熟 ♂ 2017年09月21日 雅の広場の池
③ 成熟 ♀ 2019年09月14日 北あずまや付近
④ 交尾態 ♂♀ 2018年10月03日 雅の広場の池
⑤ 連結打水産卵 ♂♀ 2018年09月19日 雅の広場の池

* 成熟 ♂ ・・・ 個性派が揃う翅斑型のアカネ属の中では本種のみ全身が鮮やかに赤化する。 

2017年9月21日 雅の広場の池

* 成熟 ♀ ・・・ 胸部側面中央の黒条は後方の黒条と繋がり、翅斑型アカネ属の中では比較的識別しやすい。

2019年9月14日 北あずまや付近

* 交尾態 ♂♀ ・・・ 交尾は抽水植物などに静止して行われ、比較的短時間で終了して産卵に移行する。

2021年9月30日 雅の広場の池

* 連結打水産卵 ♂♀ ・・・ 晴天日の午前中には無数のペアが産卵に繰り出し、午後になると波が引くように姿を消す。

2018年9月19日 雅の広場の池