コフキトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:―    神奈川県:

* ♂ 成熟 ・・・ 一般の人が誤認するシオカラトンボとは大きさや複眼の色が異なり、静止時には翅を下ろさない。

2019年7月13日 山田大沼



和名: コフキトンボ
由来: こふき(粉吹)は胸部、腹部に生じる白粉に因んだもの
学名: Deielia phaon
分類: 不均翅亜目・トンボ科・コフキトンボ属
全長: ♂ 37~48mm・♀ 37~46mm ・・・ トンボ科内ではやや小型種

環境: 抽水植物が繁茂する開放的な池沼
発生: 1年1~2化 ・・・ 卵期間 1~2週間・幼虫期間 3ヶ月~1年程度.幼虫で越冬する
形態: ♂ の複眼は黒褐色、♀ は茶褐色.胸部、腹部に白粉を生じるが、♀ は白粉型の他に翅に帯状斑を持つオビトンボ型がいる

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 2021年の観察期間は終了しました ・・・ 7月10日初認 / 8月12日終認 / 観察日数2日(臨時休園の影響あり)

生息: 園外羽化種 ・・・ 飛来数は総じて少なく、年による波が大きい
羽化: 公園周辺の池沼など
観察: 7月上旬~9月中旬 / 山田大沼、稀に雅の広場の池など
生態: 山田大沼で交尾態や産卵行動の観察歴が複数例ある

*** アップロード 3画像 ***

① ♂ 成熟 2019年07月13日 山田大沼
② ♀ 成熟 白粉型 2017年07月05日 雅の広場の池
③ ♀ 成熟 オビトンボ型 2016年07月04日 あざみくぼ沼

* ♀ 成熟 白粉型 ・・・ 胸部、腹部に白粉を生じるが、♂ のように複眼が黒化することはない。

2017年7月5日 雅の広場の池

* ♀ 成熟 オビトンボ型 ・・・ 胸部、腹部に白粉を生じず、翅の帯状斑と橙色の翅脈はミヤマアカネを思わせる。

2016年7月4日 あざみくぼ沼