マイコアカネ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:VU   千葉県:NT   神奈川県:DD

* ♂ 半成熟 ・・・ 薄暗い草藪の中でこの青白色の額面を見つけた時には思わず嬉しくなってしまう。

2016年8月8日 疎林広場付近の園路際



和名: マイコアカネ
由来: 青白色の額面を京舞妓の白粉化粧に見立てたもの
学名: Sympetrum kunckeli
分類: 不均翅亜目・トンボ科・アカネ属
全長: ♂ 29~40mm・♀ 29~38mm ・・・ アカネ属内では小型種

環境: 抽水植物が繁茂する池沼、湿地
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 6ヶ月・幼虫期間 3~5ヶ月程度.卵で越冬する
形態: 前額が青白色.成熟 ♂ は腹部のみが赤化する.♀ の腹部は黄褐色.♂♀共に媚状斑の有無双方の個体がいる

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 2016年8月8日を最後に以降は観察がありません ・・・ 初認 / 終認 / 観察日数

生息: 稀な飛来種 ・・・ 観察歴は2015年8~9月に未成熟3♀、2016年8月に半成熟1♂ の4例で、2017年以降は確認出来ていない
羽化: 公園周辺の産地は既になくなった感もある
観察: 8月上旬~9月初旬 / 野草コース内、疎林広場付近の園路際など
生態: 園内では未成熟、半成熟個体の当日限りの滞在が定石で、移動中に立ち寄っている可能性が高い
追記: まだチョウ類に重点を置いていた2015年以前には、少ないながらも毎年複数回の観察機会があったと記憶している

*** アップロード 2画像 ***

① ♂ 半成熟 ・・・ 2016年08月08日 中央橋付近の園路際
② ♀ 未成熟 ・・・ 2015年09月03日 彫刻広場

* ♀ 未成熟 ・・・ 元々年に数回程度の少ない逢瀬だったが、ここ数年はその姿を見ることも叶わなくなった。

2015年9月3日 彫刻広場