ハラビロトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:NT   東京都:NT   千葉県:EN   神奈川県:

* 未成熟 ♂ 成熟過程 1 ・・・ 羽化後しばらくは ♀ と全く同じ色調をしているが、腹端の形状で容易に識別出来る。

2022年5月18日 ふれあい広場



和名: ハラビロトンボ
由来: 幅広扁平な形状の腹部に因んだもの
学名: Lyriothemis pachygastra
分類: 不均翅亜目・トンボ科・ハラビロトンボ属
全長: ♂ 33~42mm・♀ 32~39mm ・・・ トンボ科内では小型種

環境: 抽水植物が繁茂する開放的な湿地、放棄水田
発生: 1~2年1化 ・・・ 卵期間 1~2週間・幼虫期間 8ヶ月~2年程度.幼虫で越冬する
形態: 成熟 ♂は複眼が黒褐色、♀は上部が赤褐色.幅広扁平な腹部に♂は青灰色粉を生じ、♀は黄褐色地に麦わら模様

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間終了です ・・・ 5月3日初認 / 6月19日終認 / 観察日数 14日

区分: 園外羽化種 ・・・ 個体数が少なく、観察場所も一部のエリアに偏る傾向がある
羽化: 公園周辺の放棄水田、湿地など
観察: 5月上旬~6月下旬 / 彫刻広場、北口駐車場草地など
生態: 休耕田や放棄水田が近くにある園外との境界線付近での観察が多く、例年交尾態や産卵行動を確認している

*** アップロード 4画像 ***

① 未成熟 ♂ 成熟過程 1 2022年05月18日 ふれあい広場
② 未成熟 ♂ 成熟過程 2 2020年06月12日 彫刻広場
③ 成熟 ♂ 2020年06月08日 彫刻広場
④ 成熟 ♀ 2022年06月10日 北口駐車場湿地

* 未成熟 ♂ 成熟過程 2 ・・・ 黒化が進行中だが、胸部、腹部共にまだ黄色味が透けて見える。

2020年6月12日 彫刻広場

* 成熟 ♂ ・・・ 青灰色粉が腹部全体から胸部にまで及ぶと、湿地に定住して草地にはあまり顔を出さなくなる。

2020年6月8日 彫刻広場

* 成熟 ♀ ・・・ 成熟しても生殖活動がオフタイムの時は基本的に草地で過ごしていることが多い。

2022年6月10日 北口駐車場湿地