シオカラトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:―    神奈川県:

* ♂ 羽化 ・・・ 抽水植物などが被って撮影し難いケースが多いが、珍しくスッキリした場所で羽化してくれた。

2018年4月27日 水生植物の池



和名: シオカラトンボ
由来: 食品の塩辛ではなく、♂ の腹部に生じる白粉を塩に見立てたものと言われる
学名: Orthetrum albistylum
分類: 不均翅亜目・トンボ科・シオカラトンボ属
全長: ♂ 47~61mm・♀ 47~61mm ・・・ トンボ科内では大型種

環境: 池沼、湿地、水田など止水域全般
発生: 1年多化 ・・・ 卵期間 5~10日・幼虫期間 2~8ヶ月程度.幼虫で越冬する
形態: 成熟 ♂ の複眼は青色で腹部第1~6節に白粉を生じる.♀ の複眼は青緑色で腹部は黄褐色地に麦わら模様

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 観察期間前です ・・・ 昨年は4月9日初認 / 10月23日終認 / 観察日数71日(臨時休園の影響あり)

生息: 園内羽化種 ・・・ 個体数が多く、観察機会は安定している
羽化: 4月中旬~ / 水生植物の池など各所
観察: 4月中旬~10月下旬 / 園内各所
生態: 水辺、草地を問わず春から秋まで切れ目なく日常的に見られる

*** アップロード 5画像 ***

① ♂ 羽化 2018年04月27日 水生植物の池
② ♂ 未成熟 2017年08月17日 彫刻広場
③ ♂ 成熟 2018年05月06日 日本庭園
④ ♀ 成熟 2021年08月21日 彫刻広場
⑤ ♂♀ 交尾態 2021年09月08日 野外炊飯広場

* ♂ 未成熟 ・・・ 羽化後数日を経た個体らしく、複眼が茶褐色で腹部にもまだ白粉が生じていない。

2017年8月17日 彫刻広場

* ♂ 成熟 ・・・ カメラマンに無視されがちな普通種の代表格だが、子供の頃は誰もがこの青い眼に憧れたに違いない。

2018年5月6日 日本庭園

* ♀ 成熟 ・・・ 青緑色の複眼に麦わら模様の腹部がトレードマーク、何故か真夏の草地での撮影機会が多い。

2021年8月21日 彫刻広場

* ♂♀ 交尾態 ・・・ 水辺だけでなく、摂食場所として多くが集まる草地でも交尾が成立することはよくある。

2021年9月8日 野外炊飯広場