シオヤトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:NT   千葉県:―    神奈川県:

* ♀ 羽化 ・・・ 周囲はハチやムシヒキアブなど捕食者だらけで、旅立ち前に絶命する個体も少なくない。

2018年4月29日 環境保全エリア



和名: シオヤトンボ
由来: しおや(塩屋)はシオカラトンボと同じく ♂ の腹部に生じる白粉を塩に見立てたものらしい
学名: Orthetrum japonicum
分類: 不均翅亜目・トンボ科・シオカラトンボ属
全長: ♂ 40~49mm・♀ 36~46mm ・・・ トンボ科内ではやや小型種

環境: 周囲に樹林のある浅い池沼、湿地、水田
発生: 1年1化 ・・・ 卵期間 1~3週間・幼虫期間 1年程度.幼虫で越冬する
形態: 成熟 ♂ の複眼は青色で腹部全体に白粉を生じる.♀ の複眼は青緑色味のある淡褐色で腹部は黄褐色地に麦わら模様

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: 2021年の観察期間は終了しました ・・・ 4月15日初認 / 5月14日終認 / 観察日数12日(臨時休園の影響あり)

生息: 園内羽化種 ・・・ 個体数は総じて少ない
羽化: 4月中旬~ / 非公表
観察: 4月中旬~5月下旬 / 彫刻広場、植物園周辺など
生態: 園内ではハラビロトンボと同様にやや観察場所を選ぶ傾向がある

*** アップロード 4画像 ***

① ♀ 羽化 2018年04月29日 環境保全エリア
② ♀ 未成熟 2018年04月28日 北口自然探勝路
③ ♂ 成熟 2019年05月11日 水生植物の池
④ ♀ 成熟 2018年05月17日 渓流広場

* ♀ 未成熟 ・・・ 複眼がまだ灰色で身体の黄色味が濃く、羽化後数日を経た個体と思える。

2018年4月28日 北口自然探勝路

* ♂ 成熟 ・・・ シオカラトンボよりひと回り小さく、腹部全体に白粉が生じて黒色部分がないのが特徴。

2019年5月11日 水生植物の池

* ♀ 成熟 ・・・ 複眼が青緑色を帯び、未成熟時には濃かった身体の黄色味も落ち着いている。

2018年5月17日 渓流広場