オオシオカラトンボ

RDB  環境省:―    埼玉県:―    東京都:―    千葉県:―    神奈川県:

* ♂ 羽化 ・・・ この年は梅雨時に低温が続いた為、珍しく開園時間後に脱出間もない個体が見られた。

2019年7月5日 環境保全エリア



和名: オオシオカラトンボ
由来: 大きなシオカラトンボを意味するが、実際はやや太目ながら体長はほとんど変わらない
学名: Orthetrum melania
分類: 不均翅亜目・トンボ科・シオカラトンボ属
全長: ♂ 49~61mm・♀ 49~60mm ・・・ トンボ科内では大型種

環境: 周囲に樹林のある湿地、池沼、水田など
発生: 1年多化 ・・・ 卵期間 1~2週間・幼虫期間 2~8ヶ月程度.幼虫で越冬する
形態: 複眼は黒褐色.翅の基部に黒褐色斑.成熟 ♂ は胸部と腹部に青色粉を生じる.♀ は黒色地に黄色斑

*** 森林公園内での観察状況 ***

記録: そろそろ観察期間終了です ・・・ 6月21日初認 / 終認 / 観察日数(臨時休園の影響あり)

生息: 園内羽化種 ・・・ 個体数は安定している
羽化: 5月下旬~ / ため池周辺の湿地など各所
観察: 5月下旬~9月下旬 / 園内各所
生態: 明るく開けた環境を好まず、♂ は日陰のある小規模な水辺、♀ は薄暗い林縁などに定住している

*** アップロード 4画像 ***

① ♂ 羽化 2019年07月05日 環境保全エリア
② ♀ 羽化 2018年06月24日 環境保全エリア
③ ♂ 成熟 2017年07月29日 北口駐車場草地
④ ♀ 成熟 2018年07月17日 ハーブガーデン付近

* ♀ 羽化 ・・・ 羽化は早朝から始まることが多いので、開園時間後に閉翅個体を観察する機会は少ない。

2018年6月24日 環境保全エリア

* ♂ 成熟 ・・・ 黒褐色の複眼に全身青色のがっしり体型、日陰のある小規模な水域を好む。

2018年7月29日 北口駐車場草地

* ♀ 成熟 ・・・ 藪陰の暗がりが大好きで、シオカラトンボのように明るく開放的な場所には出て来ない。

2018年7月17日 ハーブガーデン付近